記憶はいつまでも・・・

満喫!青森の旅


本当に楽しかった青森旅行。
それを忘れないために、旅行記にしてみました。

旅行記を最初から読む場合は

旅行記を読む

から読んでくださいね。
けっこう長いですよ〜。

旅程ごとの記事や、写真集、全記事一括読みなど、
サイドメニューからもいろいろたどれますよ。

以下は最新記事5件です。

2004年08月07日

復活

病院へ戻るともりゃ氏はもう点滴が終わって
待っていた。だいぶ、顔色がよくなったようで安心。
これで旅も続けられそうだ。

何よりうれしかったのが、「ちょっとおなかすいたので
ご飯食べたい」の一言。食欲があるってことは
いいことだ!!

近くにあった蕎麦屋に入りました。
もりゃ氏はそばを注文。
Mさん、しゃおさんとぼくはさきほどの昼食でおなかいっぱい
だったので、オーダーしないつもりでいたのですが、、、、
ここのシャーベットがおいしそうで「デザートは別腹」と
いって注文してしまいました。


ゆずシャーベット、ゆずがぎゅっとつまってておいしかったです。

image/aomori-2004-08-24T23:27:31-1.JPG

しゃおさんとMさんが注文してた蕎麦の実シャーベットも
おいしかったです。(一口もらったので)
posted by kyami at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2日目@八戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森郷土料理:せんべい汁を堪能!

Dさんが、このあたりの名物にせんべい汁というものがある、
と教えてくれた。せんべい汁ってなんだろう?と思いつつも
八戸でお店を探し続けた。

意外や意外、そのお店はホテルから近いところにあったんだけど
「せんべい汁あります」の張り紙に気づかず八戸の町をぐるっと
してしまった。。

このお店、天井からいろんなものがぶらさがっていて、
地酒もいっぱいならんでいて雰囲気がいい!
しかもずいぶんとリーズナブル価格。

image/aomori-2004-08-21T21:10:33-4.JPG

image/aomori-2004-08-21T21:10:33-5.JPG

さーぁ、せんべい汁がやってきました。

せんべい汁は鶏だしの具たくさんスープに、
東北名物の東北せんべいをうかべて食べる料理のようだ。

image/aomori-2004-08-21T21:10:34-6.JPG

せんべいを割りいれます。

image/aomori-2004-08-21T21:10:30-1.JPG

image/aomori-2004-08-21T21:10:33-2.JPG

お味は、、、、うまい!!
だしがしっかり出ててほかの具としっかりあっている。
そして、せんべいはお麩のようにふにゃふにゃにならず、
食感がしっかりしていておいしい。

定食も900円くらいのものを頼んだらいっぱいでてきた。
もぅ、食べきれないよ〜。

image/aomori-2004-08-21T21:10:33-3.JPG
posted by kyami at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2日目@八戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八戸の昼はがらんと。。

もりゃ氏の点滴が終わるまでの間、ぼくらは八戸の
散策にでかけました。病院で味噌汁のにおいがぷーんと
してきて、これが意外にいいにおいでぼくもしゃおさんも
お昼ご飯も食べたいモード。。

で、八戸の町を見て回る。
しゃおさん曰く、はやての終着駅の八戸駅は意義になにもなく、
本八戸駅周辺のほうがいろいろありそうだ、とのこと。
ホテルもちょうどその界隈にあったのでそれ幸い。

とはいっても町はけっこうがらんとしてる。
よくみると夜ははなやかそうな店が多いなぁ。
しゃおさんは意外とこういう雰囲気が好きだそうだ。
確かに夜は新宿とはれるかもね!

ぼくも、こんな魚がつるさがっている店があって、
ちょっとこわかったけど、楽しくなってきた。

image/aomori-2004-08-21T20:42:58-1.JPG
posted by kyami at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2日目@八戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北の人の人情

もりゃ氏はあまり無理しなければ、今後の旅行も
大丈夫だろう、とのこと。病院に行ってみると、
民家の一室のような部屋で涼しそうに寝ていた。
どうやら大丈夫そうでよかった。。

なんとホテルの人が1度ならずも2度まで心配して
見に来てくれたという。チェックアウトもいつでも
いいようにしてくれたし、ビジネスライクな感じが
まったくなくてよかったなぁ。

Dさんは午後から用事があるということで、いったん
お別れ。せっかくの休日の午前中を病院までつきあって
くれた。ありがたいなぁ。

いや〜、それにしても東北には都会が失ってしまった
何かがあるような気がしました。


posted by kyami at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2日目@八戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝は猛反省

さすがに前日おそかったので、Mさんから電話があるまで
目がさめませんでした。「もう朝食の時間が終わってしまう!」
とのこと。Dさんはもう起きている。が、もりゃ氏は、、、、?
昨日はお酒もあまり飲まないで早めに寝たはず。。。

どうやら彼はトイレにいるようだ。だが、ドアをたたいても
反応がない。。二日酔いなんだろうか?

やっとトイレからあった反応は非常に弱弱しいものだった。
彼は、いかにも生気なく、病院に行きたいという。
立つこともつらそうなこの状態、いやといっても病院に
つれてかなくてはいけないだろう。

この時、Mさんとしゃおさんの行動は素早かった。フロントに
問い合わせて近くに病院があるか確かめ、かついつでもどこへでも
移動できるようにもともと借りる予定だったレンタカーを持って
くるという。

しゃおさんが車を借りに行き、DさんとMさんが車で病院にもりゃ氏を
運ぶことに。ぼくは彼の荷物をまとめてホテルで待機する。。

幸い、ホテルの人が気を利かせてくれて、チェックアウトな何時でも
いいですよ、といってくれたらしい。

病院はホテルのすぐそばにあり、もりゃ氏はその場で点滴を受ける
ことになりました。。原因は二日酔い、なまものを食べたこと、猛暑、
疲れ、、などもろもろのことが重なって、、、ということだそうです。

考えてみれば、前日の東京始発に乗ってから日が変わるまでイベントが
続きっぱなしだった。疲れがでないほうがおかしい。知らず知らず
このようなペースに巻き込んでしまったことを反省した。
あんまり無理しすぎるといけないよ、ということ。少しゆっくりしないと。
ごめんよ〜。


posted by kyami at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2日目@八戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。