記憶はいつまでも・・・

満喫!青森の旅


本当に楽しかった青森旅行。
それを忘れないために、旅行記にしてみました。

旅行記を最初から読む場合は

旅行記を読む

から読んでくださいね。
けっこう長いですよ〜。

旅程ごとの記事や、写真集、全記事一括読みなど、
サイドメニューからもいろいろたどれますよ。

以下は最新記事5件です。

2004年08月08日

そばやのかえる

奥入瀬を十分楽しんで、昼食。
渓流をすぐでたところのおそば屋さんできりたんぽそばを
注文。これで、また名物を一つ食べたね、という気分。

そばには七味が定番でしょ、とぼくもしゃおさんもずんずん
いれていたが、やはりMさんともりゃ氏には変人扱いされそうに
なったので、ちょっと少し目でやめました。。

店は普通の観光地の店だったけど、入り口にいたかえるは
ちょっと不気味でした。

image/aomori-2004-09-02T21:43:42-1.JPG
posted by kyami at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | おいらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銚子滝

奥入瀬をぜひ行ったらいい、と紹介してくれたのは
Dさんらしい。Dさん曰く
「奥入瀬は一日いてもあきないですよ」
だ、そうだ。

いや、まさしく、その通り。
この木陰と水の流れの中で何もかも忘れてごろごろしたい、、、
奥入瀬にはまたゆっくりと来たいなぁ。。

30分ほど歩くと、銚子滝に到着。
奥入瀬渓流の本流で唯一の大きな滝らしい。

image/aomori-2004-09-02T21:22:48-1.JPG

この滝のネーミングが面白くて、十和田湖をとっくりと見立てたときに
この滝の部分が注ぎ口の「銚子」になっているように見えるから
「銚子滝」という名前になったそうだ。

image/aomori-2004-09-02T21:22:53-3.JPG

うん、十和田湖のおいしいお酒をがんがん流してましたな。

image/aomori-2004-09-02T21:22:53-4.JPG
posted by kyami at 08:02| Comment(0) | TrackBack(7) | おいらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥入瀬渓流で生き返り!

十和田湖から渓流はつながっているので、河口から
渓流をそって歩いていくことにしました。
でも、渓流は端から端まであるくと3時間くらいかかるそうで
往復などしたら帰れなくなってしまう、、、。

しかも駐車場は端と端にしかない、ということだったので
十和田湖から30分くらい行った銚子滝までを往復することに
しました。

水門を通りすぎると、そこからはまさにマイナスイオンの世界!

image/aomori-2004-09-02T21:14:44-1.JPG

緑あふれる木々の中、水が勢いよく流れていく音がなんと
すがすがしい!

image/aomori-2004-09-02T21:14:45-2.JPG

しかも水面が万華鏡のように光を反射していて、どこをとっても
絵になってしまう。。

image/aomori-2004-09-02T21:14:45-3.JPG

image/aomori-2004-09-02T21:14:45-4.JPG

ぼくともりゃ氏は一心不乱に写真をとりまくっていたら、
Mさんとしゃおさんにすっかりおいてかれてしまった。。

image/aomori-2004-09-02T21:14:46-5.JPG
posted by kyami at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雰囲気は海、、、の湖

いよいよ次の目的地、奥入瀬に向かう。
奥入瀬の渓流は十和田湖から発しているので、
つながっています。

でも、十和田湖の雰囲気はがらりとかわって、
まさに海、という雰囲気でした。

image/aomori-2004-09-02T21:07:18-1.JPG
posted by kyami at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。